ブライダルシェービングを受けるとどんなメリットがある?

「ブライダルシェービングを受けると、どんなメリットがあるのですか?」といった質問がよくあります。

それは、一言で言えば、「結婚式当日の花嫁姿がより一層綺麗さを引き立たしてくれるメリットがある。」ということです。

ブライダルシェービングは、結婚式当日のドレス姿を引き立たせるシェービングを行ってくれるものです。
ですから、肌や手足のネイル部分はもちろん、ドレスの露出部分である「デコルテ・背中」などの産毛やムダ毛も綺麗に処理してくれます。

振り返ったドレス姿は、シェービングを行っているのと行っていないのとでは一目瞭然。
露出部分の透明感・明るさが違います。
産毛やムダ毛を処理することで、ワントーン明るくなるのです。

また、産毛処理をすることで、化粧水の浸透力もよくなって、化粧ノリもよくなります。
さらに、肌に自信がもてると表情も明るくなります。

このように、体だけでなく心も明るく本番を迎えることができるのです。

一生に一度?の花嫁姿は、いつも以上に綺麗に魅せたいという方は多いはず。
その際、エステに通っているからいいやという方もいるのですが、エステでは背中のムダ毛・産毛処理はほとんど行っていません。
ドレス姿を前提にエステをしているわけではないからです。

ドレス姿の魅力を最大限に引き立すためには、シェービングははずせないものなのです。

ブライダルシェービングをするお店選びは何を基準にする?

ブライダルシェービングは、ドレスの露出部分である背中・デコルテなどの産毛やムダ毛を綺麗に処理してくれると人気のシェービング。

では、ブライダルシェービングをするお店選びは、何を基準にして選べば良いのでしょうか?

まず、もっとも大切なことは
1.丁寧に事前と事後にカウンセリングを行ってくれる
ということが大前提です。

具体的な項目として、
・スケジュールに合わせた無理のない日取りにしてくれているか。
・事前にシェービングの注意点や効果などをきちんと説明しているか。
・シェービング前と後の肌ケアや日常生活での注意をきちんとしてくれるか。
などが大切です。

ブライダルシェービングは、花嫁姿を引き立たせる効果がある反面、肌荒れなどの肌トラブルの恐れもあります。
カウンセリングをきちんと行ってくれる場所で行ったほうが、本番当日の失敗は少なくなります。

2.名の知れた有名店や口コミや評判を参考にする
ということもシェービング初心者にはおすすめです。

大手サロンは実績もあり、サポートが充実。
さらに、口コミ・評判などもある程度参考にすることで、安心感をもってシェービングすることができるかと思います。

3.通うのに難がない場所を選ぶ
ということもストレス軽減のためにも大切です。

ストレスはお肌の天敵。
ストレスを緩和するためにも、それほど無理のない場所で行うことも大切です。

ブライダルシェービングはいつぐらいに受けるのが良い?

ブライダルシェービングをするとなると、あとは日程を決めるだけ。
ただ、この日程がいつぐらいに行うのが良いのかといったことで悩む方も多いようです。

実際、ブライダルシェービングはいつぐらい受けるのが良いでのでしょうか?

ブライダルシェービング(普通のシェービング)というのは、カミソリを使ってムダ毛を処理するというもの。
カミソリというのは、肌質によってはカミソリ負けする場合があるのが多々です。
見た目が何でもなくても、化粧水など普通どおりのお手入れの際に、赤み・腫れができたりする場合もあります。
そのため、前日に行った場合、カミソリ負けの処置が当日対応できないため、前日は避けたほうがよいです。

実際、
「挙式の前日に行ったのですが、肌荒れがひどくてメイクでなんとか隠し通した。」
といった口コミも多数あります。

ゆとりがある時間帯に、前もってカミソリ体験をしておくといいかもしれません。
かといって、3週間や4週間も前からやっても、産毛はすぐに生えてくるため効果はありません。
一般的には、1週間~2週間前が妥当だと言われています。

目安としては、ウエディングドレスが決まってから、式の1ヶ月くらい前+1週間くらい前の2回です。
不安だと思ったら、店員に聞いてみるのもいいかもしれません。
ちなみに、ソフトシェービング(電動の場合は、肌に負担もかからないので1・2日前が効果的です。

次に頻度についてなのですが、これも注意が必要です。
カミソリ処理は、ムダ毛・産毛を処理するだけでなく、角質も一緒に削ってしまいます。
なので、2・3ごとに行うと、肌がくすんだり化粧ノリが悪くなったりする場合があります。
早くても、1週間に1度くらいが妥当です。

また、ジンマシンが出るなどの症状がある方もいらっしゃるので、一度、体感しておくといいかもしれません。

ブライダルシェービングのソフトシェービングと普通のシェービングの違い

一般的に、ブライダルシェービングには、ソフトシェービングと普通のシェービングの2種類があります。
両者の違いは何なのでしょうか?

ソフトシェービングは、電気シェーバーを使って、肌をシェービングするというもの。
刃が皮膚に当たることはないので、肌に対する刺激はほとんどありません。
ですから、敏感肌の方でも安心して施術できます。
しかし、産毛などの根元からは取り除くことができないため、産毛が濃い方は多少黒ずんだり、ざらざらした感触があります。
また、刃の交換ができないため、衛生面でも問題があります。

一方、普通のシェービングは、プロ専用の剃刀(カミソリ)を使って、顔や体や肌をシェービングするというもの。
これは、レザーシェービングとも言われています。
根元から生えている産毛をとったり、古い角質も綺麗に取り除いてくれるため、くすみも取れます。
ですから、肌のトーンが明るくなったり、メイクのりがよくなるなどの効果が期待できます。
美白効果が大いに期待できるシェービングなのです。
また、長い間ムダ毛が伸びてこなかったりする効果も期待できます。
小鼻や耳、デコルテなど電気シェーバーでは難しい細かい部分もシェービングできるのも魅力です。
刃は一度ごとに交換するはずなので、衛生面においても優れています。

ただ、金属アレルギーや敏感肌の方にとっては肌荒れを起こす可能性があるので、一度相談しておくことが大切です。

両者の違いは、カミソリと電気シェーバーの違いということなのです。

ブライダルシェービングと脱毛エステの光脱毛ではどちらが効果的?

ブライダルシェービングと共に人気のあるのが、脱毛エステでの光脱毛です。
最近のエステサロンでは当たり前のように光脱毛が行われています。
実際、ブライダルシェービングと脱毛エステでの光脱毛では、どちらが効果的なのでしょうか?

まず、両者の違いを知っておくことが大切です。

ブライダルシェービングというのは、結婚式当日のドレス姿を綺麗に魅せるために行うシェービングというものです。
これは、結婚式当日に綺麗に魅せるということが前提で行われるシェービングであるということがポイント。
ブライダルシェービングは、「ムダ毛・産毛の表面をカミソリで剃る。」というものなのです。
表面をというだけあって、根本から産毛の元を絶つというのではありません。
そのため、1週間程度したら、ちょっとずつ産毛が生えてくるものなのです。

一方、脱毛エステでの光脱毛というのは、産毛を毛根から取り除くというもの。
毛根に光を当てることで、今ある産毛の毛根が自然に取れていくのです。
さらに、毛の先端部にある体毛に栄養を与える毛乳頭も破壊してくれるので、その後も産毛が二度と生えてこなくなるのです。
つまり、永久脱毛効果があるということです。
仕上がりの写真や評判などを聞いて慎重に考えた上で決断してください。
これは、脱毛クリニックや医療機関でしか行われない高度な治療ですので、多少費用がかさみます。

結婚式当日により綺麗にみせたい場合は、ブライダルシェービングで十分。
常に綺麗にみせたい場合(ただし、やや陶器っぽい顔立ちで繊細さはかける)は、脱毛エステでの光脱毛も効果的です。

ブライダルシェービングはどの部位を受ける人が多い?

ブライダルシェービングは、ドレスの露出部分を綺麗に魅せるだけあって人気のシェービング。
そこで、こんな質問も数多く見られます。
「皆さん、ブライダルシェービングはどの部位を受けるのが多いですか?その理由は?」といったものです。

色々な口コミや評判をみると、背中・うなじ・デコルテ・顔(ほぼずべて)が多いようです。
ドレスの露出部分である背中やうなじは、露出する機会がなく普段あまり気にしていない部分。
さらに言えば、背中やうなじは自分ひとりではケアが難しい部位。
そのため、プライダルシェービングでケアして綺麗に魅せようという方も多いようです。

実際、ブライダルシェービングをやっているのとやっていないのとでは透明感の差がでます。
ビスチェタイプのドレスを着る方は、ぜひ、やっておきたい部位です。

また、二の腕も以外に人気が高い部位の一つ。
背中と同様、ケーキ入刀や指輪交換などで注目を集める部分ですので、念入りにケアされている方が多いようです。
また、各テーブルを周って挨拶をしたりする際も、二の腕のプルプルは以外に目立ちます。
その際も、きちんとシェービングしておくと安心ですよね。

自分でできるという方でも、ブライダルシェービングのほうが、毛穴開きの黒ずみなどの心配もありません。
足を露出するタイプのドレスを着る場合は、足のシェービングも人気です。

結果的に、「露出する部分に対してドレスに負けない綺麗さを手に入れたい。」という目的で、シェービングされている方が圧倒的に多いようです。

敏感肌で肌が弱い場合ブライダルシェービングは避けた方がいい?

「敏感肌で肌が弱い場合、ブライダルシェービングは避けたほうが良いのでしょうか?」と質問される方が多いようです。
実際のところ、店員に聞いてみることでOKの場合があります。

実際、最近のエステサロンでは、お肌に優しい弱酸性のシェービングクリームを使っていたり、天然成分でお肌に害のないものを使っていたりするブライダルもあります。
また、エステサロンとブライダルエステの両方を完備している場所もあるので、敏感肌の方でも安心して行ける場所も増えてきています。

まずは、聞いてみることから始めてみてください。
お試しコースなどがある場所もあるため、試す価値はありです。

「もし、それでもNGの場合はどうすれば良いのでしょうか?」
早めに分かった場合は、敏感肌を治すということに限ります。
そういう場合は、皮膚科に行くのがベスト。
専門治療で、徐々に改善していくのが効果的です。

敏感肌は、乾燥肌の延長線上にある肌トラブル。
まず、日頃のスキンケアを直すことも大切。
以下の項目は自宅でも気軽にできるので試す価値ありです。

・ぬるま湯に入る。(38度以下)
・洗顔を何回もしない。(洗顔時間は短めに)
・タオルでゴシゴシしたり摩擦を減らす。(手で洗い流す感覚がいい。)
・湿度をある程度保った場所で生活する。
・肌に優しい綿などの素材の下着を着る。
・生活習慣(寝不足や食欲不振)を改善する。

ニキビができていてもブライダルシェービングは受けても大丈夫?

ブライダルシェービングを受けようと思ったら、背中にポツポツとニキビが出来てしまった。
こんな経験をされている方も少なくありません。
事実、「ニキビができていてもブライダルシェービングは受けても大丈夫でしょうか?」と相談される方も多いようです。
実際のところどうなのでしょうか?

ニキビ専用のエステコースが用意されているブライダルエステがほとんど。
ですので、大抵の場合はOKサインが出るかと思います。

プロのエステティシャンが行ってくれるため、ニキビ部分は傷つけないよう薄く平らにしたり、傷部分は避けてエステしてくれます。
場合によっては、皮膚科を紹介されることもあります。
一度、ブライダルエステでカウンセリングされてみるのをおすすめします。
さらに言えば、プロが行うことでシェービングでニキビ肌を改善できる場合があります。

ニキビは不要な角質や角栓が溜まる毛穴汚れによって生じるもの。
シェービングを定期的に行うことで、毛穴汚れを解消でき、ニキビ肌になりづらくなる可能性もあります。
それでも、食生活やストレスなど生活習慣も併せて行うことがニキビ肌予防には最も効果的です。

シェービング後は逆に、乾燥・敏感になりやすいため、保湿対策もきちんとしておくことも大切です。
ニキビが出来たからといって諦めることなく、相談することから始めてみてはいかがでしょうか?

ニキビができてしまった後に残るニキビ跡がある場合の対処法としては、ブライダルエステは背中のニキビ跡に効果的?を参考にするといいでしょう。

ブライダルシェービングは床屋さんの顔そりとどう違う?

ブライダルシェービングは初めてだから不安だし、行きつけの床屋さんでやってもらおうかなと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?
実際、「ブライダルシェービングは、床屋さんの顔そりとどう違うのですか?」といった質問も数多く見かけます。

ブライダルシェービングと床屋さんの顔そりの違いを簡単に紹介します。

ブライダルシェービングと床屋さんの顔そりとは厳密には変わりありません。
両方とも肌を美しく魅せるという目的において変わりはないですので。
ですから、自分がお気に入りの床屋があるのでしたら、顔そりだけでしたら床屋でやってもらうのもいいかもしれません。
実際、床屋でしたら料金的にも安く済みますし安心感がありますからね。

強いて言えば、床屋は男性が行くというイメージがあって入りづらいと思われている方が多いようです。
今では女性専用の理容師や女性メインの床屋も数多くありますので、そちらに行かれてみてもいいかもしれません。

ブライダルシェービングと床屋は、あくまで顔そりのみを目的とした場合においてほぼ同じということです。
背中・デコルテなどの細かいケアは、床屋ではできませんので注意してください。

ちなみに、エステとブライダルシェービング・床屋では大きく違います。
一般的に、エステではカミソリを使ってシェービングすることはできません。(カミソリを使用するには専門的な資格が必要です。)
そのため、産毛処理ができず、ブライダルシェービングや床屋ほど脱毛効果はありません。

顔そりは、床屋かブライダルシェービングのどちらかに頼りたいものですね。

ブライダルシェービングを受けたら蕁麻疹が...

ブライダルシェービングを受けたら蕁麻疹(ジンマシン)が出来たという方も少なからずいらっしゃるようです。
実際、
「シェービング直後はなんともなかったのですが、時間が経つにつれ痒みが強くなってきました。思わずかいてしまうと赤いブツブツができてしまいました。」
といった口コミもあります。

シェービングと蕁麻疹(ジンマシン)・・・なにか関係あるのでしょうか?

シェービング後は、肌が敏感かつ乾燥しやすくなっています。
体温の変化やちょっとした刺激(手でかく)などによって、蕁麻疹が出来る場合があるのです。

シェービング後は、しっかりと保湿対策をしておくことが大切です。
主な内容として、
・入浴中はぬるめのお湯に入ること。
・石鹸でごしごしとこすったりすることを極力さけて、手で洗い流すようにする。
・ボディソープも控える。
・入浴後はいつも以上に保湿を行う。
・摩擦を起こさないような下着を着る。
・電気毛布は肌乾燥を促進させるのでできるだけ使用しない。
といったことが効果的です。
自分で出来るアフターケアやお店の方の言われたアフターケアはしっかり行うようにしてください。

一般的にカミソリでシェービングする場合、カミソリ負けする場合の症状として蕁麻疹があります。
敏感肌の方は、極力カミソリでのシェービングは抑えたほうが無難かもしれません。

「では、電気シェーバーなら安全なのか?」といえばそうでもありません。
一般的に、電気シェーバーは、肌質によらずムダ毛を処理するものと言われています。
しかし、強くあてすぎてしまったり、何度も同じ場所をすると敏感肌の方でもミミズ腫れする場合があるのです。
できるだけ、自分での処理をする前に、ブライダルエステで行ってコツなどを教えてもらってからすることをおすすめします。